ウェブサイトのテンプレートを自身の文脈で評価させる

MT-column > Plugin
| | コメント(1) | トラックバック(0)

若干長い題名ですが、内容は難しくありません。MT5でブログ(子)からウェブサイト(親)のテンプレートモジュールを Include した場合、テンプレートは Include 元のブログ(子)の文脈で評価されるのですが、単純に共通パーツとして利用したいテンプレートの場合はウェブサイト(親)の文脈で評価されて欲しい場合もありそうなので、プラグインでこれをできるようにしてみました。

ForceTemplateContext

ForceTemplateContext をインストールするとウェブサイトのテンプレートモジュールの編集画面に「Includeされた場合もこのブログの文脈を使う」という設定が追加され、この設定を有効にすしたテンプレートは Include された場合もウェブサイトの文脈で評価されるようになります。

スクリーンショット

ウェブサイトのテンプレートモジュールの編集画面

ForceTemplateContext-0.0.1-ja.jpg

設置

  1. ダウンロードページから「ForceTemplateContext-x.x.x.zip」をダウンロードします。(x.x.xにはバージョン番号が入ります)
  2. ダウンロードしたファイルを展開します。
  3. ForceTemplateContext-x.x.x/plugins/ForceTemplateContext を、インストール先のMTに plugins/ForceTemplateContext としてアップロードします。
  4. 設置完了です。

あわせて使いたい

対応しているMT

  • MT5

ライセンス

MITライセンス

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウェブサイトのテンプレートを自身の文脈で評価させる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tec.toi-planning.net/mtos/mt-tb.cgi/892

コメント(1)

flow-t :

親ウェブサイトのテンプレートを子ブログで使う方法を調べてたどりつきました。
すばらしい!いちいち変数を指定して親のIDを取得して~とゴテゴテしてたのが凄くスマートになりました。
今後も利用させていただきます。

…ひとつ気になるのは「Includeされた場合もこのブログの文脈を使う」という文言でしょうか…。親の文脈を使うわけですから「ブログ」ではなく「ウェブサイト」ではないかなと…ちょっと混乱します^^;

コメントする