グローバルモディファイアの適用

MT-column > Tips
| | コメント(0) | トラックバック(0)

任意のコンテンツにグローバルモディファイアを適用する

例えば以下のようなケースがあったとします。

  • 複数のタグにまとめてフィルターをかけたい
  • 直接テンプレートに書き込んだ内容にフィルターをかけたい
このようなケースでは任意の内容にフィルターだけをかけられると便利なのですが、 デフォルトのMTには「中身をそのまま表示する」というタグはないため、 素直に実現しようとするとこのようになテンプレートになりそうです。

<mt:SetVarBlock name="tmp">
  <mt:EntryBody>
  <mt:EntryMore>
</mt:SetVarBlock>
<mt:Var name="tmp" strip_tags="1" trim_to="100" />

これはこれでまったく問題がないテンプレートではありますが、 mt:Unless を使うともうちょっと短く書くことができます。

<mt:Unless strip_tags="1" trim_to="100" >
  <mt:EntryBody>
  <mt:EntryMore>
</mt:Unless>

ただ、 「やろうとしていることが明らかである」という意味では前者のほうが優れているので、 この Tips は場所をわきまえて利用するのがよさそうです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グローバルモディファイアの適用

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tec.toi-planning.net/mtos/mt-tb.cgi/431

コメントする

Created by ToI企画
Powered by Movable Type 5.2.2