PreloadTemplate の使い方

MT > PreloadTemplate
| | コメント(0) | トラックバック(0)

利用例1 (変数の設定など)

システム全体で使う変数を設定したり、一部だけを上書きで設定したりする例を紹介します。

システムのプレロードテンプレート (テンプレート名: System Wide)

<mt:Ignore>
  システム全体の変数を設定してタグを登録します。
</mt:Ignore>

<mt:SetVar name="preload_var" value="BySystem" />
<mt:SetVar name="system_preload_var" value="SystemPreloadVar" />
<mt:DefineTag name="Sample">
Sample Content
</mt:DefineTag>

Webサイトのプレロードテンプレート (テンプレート名: Site Wide)

<mt:Ignore>
  サイトの変数を設定して、一部の変数を上書きで設定します。
</mt:Ignore>

<mt:SetVar name="preload_var" value="BySite" />
<mt:SetVar name="site_preload_var" value="SitePreloadVar" />

ブログのプレロードテンプレート1 (テンプレート名: Blog Wide1)

<mt:Ignore>
  ブログの変数を設定して、
  プレロードテンプレートの読み込みをここでストップします。
</mt:Ignore>

<mt:Ignore>
  同じブログではテンプレート名順で評価されるので、
  必ずこちらのテンプレートが先に評価されます。
</mt:Ignore>

<mt:SetVar name="blog_preload_var" value="BlogPreloadVar" />
<mt:PreloadTemplateStopPropagation />

ブログのプレロードテンプレート2 (テンプレート名: Blog Wide2)

<mt:Ignore>
  このテンプレートは読み込まれません
</mt:Ignore>
<mt:SetVar name="preload_var" value="ByBlog" />

ブログのインデックステンプレート

<mt:Var name="system_preload_var" />
<mt:Var name="site_preload_var" />
<mt:Var name="blog_preload_var" />
<mt:Var name="preload_var" />
<mt:Sample />

出力

SystemPreloadVar
SitePreloadVar
BlogPreloadVar
BySite

Sample Content

利用例2 (TagOverrideと合わせて使う)

PreloadTemplateはTagOverrideと合わせて使うとより強力になります。

Webサイトのプレロードテンプレート (テンプレート名: Enable Hattori)

<mt:TagOverride name="EntryTitle">
  <mt:SuperTag />でござるの巻
</mt:TagOverride>

ブログのインデックステンプレート

<mt:Entries lastn="1">
  <mt:EntryTitle />
</mt:Entries>

出力

PreloadTemplateでござるの巻

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: PreloadTemplate の使い方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tec.toi-planning.net/mtos/mt-tb.cgi/718

コメントする