QuickRebuild 0.6.2をリリース

MT > QuickRebuild
| | コメント(2) | トラックバック(0)

バージョン0.6.2 をリリースしました。

修正点は以下の通りです。

  • HTTPS の環境で発生するエラーを修正しました (クラウド版MTで発生していた問題はこれで解消されると思います)

QuickRebuild-0.6.2.zip

QuickRebuild-0.6.2.tgz

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: QuickRebuild 0.6.2をリリース

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tec.toi-planning.net/mtos/mt-tb.cgi/985

コメント(2)

iwan :

便利に使用させていただいております。

MT に環境変数 PluginPath を使用して別名のディレクトリに QuickRebuild を入れたところ、ボタン用の画像ファイルが表示されなくなりました。

HTML ソースを見ると、以下のようにプラグイン本体のパスが適用されてしまっています。

background-image: url('/mt-static/plugins-add/QuickRebuild/images/nav-icon-power-publish.png');

コードを見たところ、dirname で単純に本体のディレクトリ名を持ってきているようでした。

my $dir = basename(dirname($plugin->{full_path}));

PluginPath で別名のディレクトリ名にプラグインを入れたときにも対応できるよう改修をしていただけると助かります。

Taku AMANO :

iwan さん、コメントありがとうございます。

動作としてはご指摘の通りです。

この処理は「PluginPath に plugins-add と入れていらっしゃる場合には、静的なリソースも /mt-static/plugins-add に入れたいのではないか、きっとそうだろう」という仮定のもと、(少しだけ頑張った結果として) そのようにしています。

「PluginPath が plugins-add であっても、静的なリソースは /mt-static/plugins に置く」方が iwan さんの環境では都合がよさそうでしょうか。

コメントする