Google Wave for Movable Type とは

MT > Google Wave For Movable Type
| | コメント(2) | トラックバック(0)

できること

  • Google Wave を使って Movable Type のコンテンツを編集できるようにします。

できないこと / 注意するべきこと

  • α版としてリリースをしていますが、現在はプロトタイプに近い状態です。不具合や実装されていない機能があります。
  • Waveを共有しているコンタクトは、入力されたMTのパスワードを閲覧することができます。

対応しているMT

  • MT5

対応している出力方法

  • スタティックパブリッシング
  • (ダイナミックパブリッシングは未対応)

プラグインのインストール

  1. ダウンロードページから「Wave-x.x.x.zip」をダウンロードします。(x.x.xにはバージョン番号が入ります)
  2. ダウンロードしたファイルを展開します。
  3. Wave-x.x.x/mt-wave.cgi を、インストール先のMTに mt-wave.cgi としてアップロードします。
  4. Wave-x.x.x/plugins/Wave を、インストール先のMTに plugins/Wave としてアップロードします。
  5. Wave-x.x.x/theme/wave_tmpl を、インストール先のMTに theme/wave_tmpl としてアップロードします。
  6. 設置完了です。

Wave側でのボットの追加

  1. 「wave-for-mt@appspot.com」をWaveに追加します。
  2. MTのプラグイン設定の画面から取得したEndpointと、ユーザーIDと Webサービスパスワードを入力します。
  3. 投稿先のブログを選択します。
  4. オプションを選択します。
  5. 追加完了です。

ライセンス (プラグイン)

MITライセンス

ライセンス (テーマ)

GPL

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Google Wave for Movable Type とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tec.toi-planning.net/mtos/mt-tb.cgi/714

コメント(2)

Sorize :

GoogleWaveが発表されたときに、真っ先にCMSとの連携を想像しました。
頑張ってください。

Taku AMANO :

Sorizeさん、コメントありがとうございます。
頑張ります!

コメントする